生活保護者でも立派な葬儀ができる|地方自治体から援助を受けよう!

お見送りをこじんまりと

葬式は近年コンパクトかつ明朗会計が人気となっています。家族との最期のお別れを演出してくれるのは、やはり信頼できる葬儀社選びが不可欠です。東大阪市には安心してお任せができる業者がたくさんあるので、ネットで探してみると良いでしょう。

亡くなった人を送り出す

女の人

お葬式のやり方を熟知している人はまずいません。また、たとえ知っていたとしても、大切な家族を失ってしまったショックで何もできなくなってしまう人が多いです。横浜には、不安定な精神状態に陥っている遺族をしっかりと支えてくれる葬儀社がたくさんあり、多くの人に頼りにされています。

家族で行うお葬式

葬式

家族葬とは家族や親しい人のみであげる小規模な葬儀で、近年八尾市でも増加してきています。業者を選ぶときは、家族葬専門業者かどうか、専門でなくともきちんと話を聞き、丁寧な対応をしてくれるか、料金は明瞭かをチェックしましょう。

葬祭扶助を受けるには

葬儀

生活困窮者に適応

生活保護を受けている人は葬儀などの費用を払うことは困難です。そのために自治体では葬祭扶助費を支給しています。この費用を使った生活保護葬は福祉葬と呼ばれることもあります。葬祭扶助費は故人が生活保護受給者か、その家族が亡くなった場合に支給されます。しかし条件があって親族に支払い能力がある場合は適応されません。申請は葬儀を行う前に自治体や福祉事務所などにします。また依頼した葬儀社が代行してくれる場合もあります。葬儀後に申請しても葬祭扶助費は支給されないので注意が必要です。通常の葬儀は祭壇を飾り会葬者が参列してお別れのセレモニーを行います。しかし福祉葬の場合は納棺してすぐに火葬するシンプルなものです。葬祭扶助費は地域により異なる場合もありますが一定の金額が定められています。これは大人と子供により金額は違います。最低限の葬儀ができる費用が支給されるのです。葬儀社は葬祭扶助費の範囲内でお棺や仏具一式や骨壷、骨箱、寝台車などを用意します。また自治体や火葬場での手続き代行を行います。このような限られた費用で心のこもった対応をしてくれる葬儀社を選ぶことが大切です。また福祉葬は遺体をすぐに火葬場に運んでしまうため慌ただしくなってしまいがちです。そんな場合でもゆとりを持って家族に対応してくれる業者なら信頼できます。葬儀社を選ぶなら福祉葬の実績があり、経験を積んだスタッフが多いところなら安心です。葬祭扶助費は生活保護受給者に直接支給されることはありません。費用は葬儀後に福祉事務所から業者に支払われます。